世界中の海がダイビングポイント

ダイバーはどこで潜っているの?と思っている人がいるかもしれませんね。
陸上からは想像もできない海の中を潜っているわけですから、はじめは誰もが疑問に思っていることでしょう。

海にはダイビングポイントといわれるスキューバダイビングに適したエリアが開放されていて、こうしたエリアには数々のスキューバダイビングショップがダイバーのためのサービスを提供してくれています。ダイバー達は、こうしたダイビングショップを利用してダイビングするのが一般的なのです。

沖縄や静岡、和歌山といった国内のメジャーポイントには週末になるとたくさんのダイバーが集まってきてダイビングを楽しんでいます。こうしたメジャーなスキューバダイビングのポイントには更衣室やシャワールーム、レストランなどの施設も用意されているので、ちょうどスキー場のゲレンデに来ているような感覚でダイビングを楽しめる場所もあります。

なかでも沖縄は日本が世界に誇れるほどの人気ダイビングスポットです。そのサンゴ礁は世界で3本の指に入るほどです。1年を通して世界各国からもたくさんのダイバーが沖縄を訪れます。
また海外にも人気のダイビングリゾートがたくさんあります。海外旅行に行く感覚で日本からもたくさんのダイバーがダイブトリップを楽しんでいます。

ダイバーにとっては世界中の海がダイビングポイントなのです!
posted by スキューバダイビング at 00:00 | スキューバダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スキューバダイビングに向かない人

スキューバダイビングは誰にでも出来る安全で簡単なレジャーですが、それでも中にはスキューバダイビングに向かない人もいるのです。

まず、循環器系、呼吸器系、耳鼻科系、神経系に疾患のある方と、現在妊娠中の方はダイビングできません。また、医師のもとで通院、投薬している人は病歴診断書が必要になります。

また水に対して特別な恐怖心を持っている人はダイビングに不向きかもしれません。なかには顔を水につけることさえ拒む人もいますが、こうした人は水の中に入ろうとさえ考えないのではないでしょうか?もちろん他者がスキューバダイビングを強制することも決して行なってはいけない行為です。

また、水に対する恐怖心をスキューバダイビングで克服しようと考えている人がいるかもしれません。しかし、それはダイビング以前の問題で、まずは医師に相談することが先決です。スキューバダイビングを何かのリハビリの一貫として推奨している医師の話は一度も聞いたことがありません。

またルールやマナーの守れない人もスキューバダイビングには不向きな人と言えるでしょう!
スキューバダイビングで最も大切なことは、安全ルールを厳守することです。しかもルールと言っても中学生程度の知識があれば理解できることばかりで決して難しくないものです。

残念なことに毎年ダイビング中の事故が後を経ちません。ダイビングで危ない目に逢ったという人のほとんどが、安全ルールを守っていないというデータもあるのです。
posted by スキューバダイビング at 19:09 | スキューバダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まずはライセンスの取得

よ〜しっ今年こそスキューバダイビングするぞ〜!!!

でもチョット待ってください。スキューバダイビングが全く初めての人が、いきなり海に潜ろうと思っても…それはムリですね!

なぜならスキューバダイビングは水中という陸上とは全く異なる環境での行為なので、安全のために専門的な知識とテクニックが必要不可欠です。
そのためスキューバダイビングをするにはダイビングライセンス(正式にはCカードと言います)が必要になるのです。

ダイビングライセンスを取得するためにはトータルで4日間程度のダイビングスクールを受講する必要があります。
忙しい人にはライセンスが不要な「体験ダイビング」という方法もありますが、可能であればダイビングライセンスを取得する方法をオススメします!

体験ダイビングは簡単な説明と練習だけで、すぐに海に潜ってしまうので、中には何だかよく解からなかったとか、もうイッパイいっぱいで全く海を楽しめなかった…という人がいるかもしれません。
それに比べダイビングスクールでは、実際に海に潜る前に学科講習やプール講習でダイビングで使用する器材の説明や使い方、そして安全にダイビングするためのルールとテクニックをじっくり時間をかけてマスターするので、リラックスしてスキューバダイビングを楽しめると思います。

ですから時間に余裕があって、ダイビングにチョットでも不安がある人は、とりあえず体験ダイビングよりも、ダイビングライセンスを取得することから始めた方がいいかもしれませんね!
posted by スキューバダイビング at 00:00 | スキューバダイビングのライセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする