ミクロネシア

▼パラオ…ダイナミックな海の代表として不動の人気を誇るダイビングポイントです。「ブルーコーナー」では、アジ、バラクーダ、ナポレオンなど次々とやってきてドラマティックな海中シーンが。他にブルーのコントラストが幻想的な「ブルーホール」、マンタとの遭遇率が高い「ジャーマンチャネル」などバリエーションに富むポイントが約400も。

▼サイパン・グアム…週末を利用して行ける手軽さは海外スポットのトップ!ビギナーでも潜りやすいポイントの充実度、日本人ガイドの多さなどが人気の理由です。

▼ヤップ…グアムから空路1時間20分という近さのわりに、昔ながらの伝統文化を残す秘境ムードにあふれる島。ダイバーの間ではマンタに遭えるスポットとして人気です。

▼トラック…世界最大のラグーン(環湖)をもつトラックでの潜り方は2パターン!世界的に有名な沈潜ダイブと、環礁の内側や切れ目を潜るリーフダイブ。

▼ポナペ…ポナペは島のまわりをバリアリーフ(環礁)にグルリと囲まれている。そのため環礁の切れ目を潜る「パスダイブ」がメイン。世界でも珍しい背中も腹部も真っ黒な、通称[ブラックマンタ」がやってくる!

▼ロタ…グアムとサイパンの中間に位置する小さな島。海中のすこぶる透明度が良いことで有名。ビギナーレベルでもリラックスして潜れるポイントが多数ある。
posted by スキューバダイビング at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のダイビングポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハワイ

▼オアフ…西側にダイブポイントが集中し、比較的どこも水深が浅めで流れも穏やかです。午前中2ダイブのスタイルが一般的なので、午後からはワイキキでたっぷり遊べる時間も!

▼マウイ…離島のモロキニやラナイ島へのボートダイブが中心。マウイは全体的に地形の面白さに透明度の高さが相まって異次元的ダイブが味わえる。また、カメも多く時にはイルカやマンタまで!

▼ハワイ…ハワイ諸島いち雄大な火山の景観が続くビッグアイランド。その独特な地形は海中までを覆い、他の南の島では味わえない壮大なスケール。
posted by スキューバダイビング at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のダイビングポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アジア

▼シパダン…小さな島の北側にビーチリゾートが立ち並び、目の前のハウスリーフが垂直に落ちるドロップオフになっている世界でも珍しい地形をもつリゾート島。島のまわりのボートポイントには大物がゴッソリいることも人気の秘密です。

▼マブール…シパダンからボートで15分程の隣にある島で、フィッシュ・ウォッチングが人気。水上コテージ前が自由に潜れるポイントになっている他、ボートダイビングでシパダンに潜りに行くツアーも毎日午前と午後に出ている。

▼バリ…バリは大きく分け4エリアにポイントが点在しています。それぞれのエリアに特徴があり、バンカーボートで潜りに行くスタイルが主流です。

▼メナド…沖に点在する5つの島々がダイブスポット。中でもポピュラーなブナケン島には世界有数のドロップオフがあり、中型の魚の群れが多い。島周りでもドリフトダイブが主流ですが、浅場でのフィッシュ・ウォッチングもOK。

▼プーケット…離島へデイトリップで潜りに行くスタイルがプピュラー。流れも少なく穏やかなポイントが多く、海中にはソフトコーラルが着いたサンゴの根が点在しています。スミランは3泊4日のダイブクルーズがメインで、見所は海中に積み重なる巨大岩盤の不思議な地形!

▼セブ…南北に長いセブ島はスポットも広範囲。空港のあるマクタン周辺と、北部、南部、東西にそれぞれポイントがあります。中心はマクタン周辺でビギナーOKのポイントも多数あります。

▼ネグロス…ドゥマゲティで知られるスポット。フィリピンの中でも透明度が高く魚影も濃い、アポ、シキホール、スミロンへのアクセスが可能とあって人気が高い!
posted by スキューバダイビング at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のダイビングポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする