なぜCカードが必要なの?

ダイビングを行なう際には、ルールを守り、安全に配慮して自分の責任において判断し行動することが前提になります。

海に行かれた際にこのCカードを忘れてしまうと、ダイビングのご希望ををお受けできない場合もあります。
あなたのダイブキャリアにあったサービスやアドバイスのためにも必要なのです!
posted by スキューバダイビング at 08:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキューバダイビングFAQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「オープン・ウォーターダイバー」というCカードを取得すると、何が出来るようになるの?

指導団体によって多少の違いはありますがPADIを例にすると、
自分たちでダイビング計画を立てて、インストラクターの引率無しで、講習を受けたのと同じかそれよりもよいコンディションで、限界内でのダイビングをすることができ、器材の購入やタンクのレンタルのサービスを受けられます。

また「アドヴァンスド・オープン・ウォーター・コース」や「スペシャルティ・コース」などのステップ・アップ・コースに参加することができます。
posted by スキューバダイビング at 08:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキューバダイビングFAQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイビングを始めたいのですが、仕事が忙しくあまり時間がとれない…

一般的に学科講習→プール講習→海洋実習は続けて受講する必要はありませんので、会社帰りや休日を利用して少しづつコースを受講することが可能です。コーススケジュールはダイビングショップにより異なりますので、まずは通学できる範囲でダイビングシヨップを探してみてはどうでしょうか?

また体験ダイビングから始めてみる方法もあります。コースは1日で終了することができますし、PADIの場合これらを経験してからオープン・ウォーター・ダイバー・コースに参加すると、体験ダイビングで経験したことをインストラクターの判断により、コースの1部として認めることができます。

また、スクーバ・ダイバー・コースでは、PADIのプロフェッショナルメンバーの引率のもとでダイビングする、という条件はつきますが短いスケジュールでCカードを取得する事ができます。1度このスクーバ・ダイバーの認定を受けておいて、お時間が出来たときに追加講習をしてオープン・ウォーター・ダイバーのCカードを取得する方法もあります。
posted by スキューバダイビング at 09:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキューバダイビングFAQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする