ダイビング器材はとっても大事!

安全で快適なダイビングにためには、自分にフィットしたダイビング器材を使うことがとっても大事!

顔にフィットしたマスクを使えばダイビング中マスク内に水が入ってくるようなトラブルを防げますし、脚力にあったフィンは水中での移動を楽にしてくれます。さらに呼吸のしやすいレギュレーターを使えば水中での安心感が全然違います!

最初はレンタル器材でも、長くダイビングを楽しみたいのであれば自分の器材を持ったほうが、安全面でも経済面でも絶対にオススメです。

ダイビング器材の購入はできるだけ信頼のできるインストラクターのアドバイスを受けながら選んでいくのがGOOD!またネットショッピングでもダイビング器材を購入できますので、比較サイト等で器材を吟味しから選ぶ方法もあります。

ダイビング器材はスキーやスノボのように数年で買い換えるようなものではないので、多少高くても長く使えるものを選ぶのがポイントですよ。

ダイビングは器材依存型のレジャーです!是非とも自分の器材を持つようにしましょう。
posted by スキューバダイビング at 08:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビングで必要になる器材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最低限揃えておきたい器材

ダイビングを始める時、あるいはCカードを取得したら始めに揃えておきたい器材は「軽器材」と呼ばれているマスクやスノーケル、フィンなど、それからウエットスーツまたはドライスーツです。

軽器材には次のようなものがあります。予算的には下記の6点で3〜4万程度です。

・マスク…いわゆる「水中メガネ」です。自分の顔にフィットするものを選びましょう。
・スノーケル…マスクとセットになるように購入すればお得ですよ!
・フィン…自分の脚力にあったフィンを選ぶことがポイント!
・マリンブーツ…保温効果もあり岩場などから足を保護します。
・マリングローブ…手の保護と保温のために必ず着用しましょう。
・メッシュバック…器材をまとめて持ち運べます。

またウエットスーツには様々な生地のタイプや厚さ(3mm,5mm)やタイプ(ワンピース,ツーピース)のものがあります。自分がどんなポイントでダイビングをするかによって選ぶのがベスト!

もっともポピュラーなウエットスーツは5mmワンピース。身体のサイズに合わせてオーダーするのが一般的です。予算はオーダー品で4〜8万くらいになると思います!
posted by スキューバダイビング at 08:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビングで必要になる器材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生命を守るダイビング器材

水中で呼吸をしたり、水面や水中で浮力をコントロールするスクーバ器材は、ダイバーの生命を守る大切な器材!
安全で快適なダイビングのためには是非とも揃えておきたい器材です。

一般的には「重器材」と呼ばれていて、主に下記のものが含まれます。

・BCD・・・水面での浮力の確保したり、水中での浮力コントロールをします。
・レギュレーター・・・タンク中の圧縮空気を減圧し水中の呼吸を確保します。
・オクトパス・・・レギュレーターのセカンドステージの予備。
・ゲージ・・・空気残量や深度をチェックします。
・ダイブコンピューター・・・安全な水深や、体内に溶け込んだ窒素の放出時間など様々なデータ、警告をする潜水計画を立てる時に使用します。

特に初心者ダイバーのうちは何を選んだらよいか?誰でも迷ってしまうことが多いと思います。やはり重器材を選ぶときは専門家のアドバイスを参考にすることをオススメします。
重器材には、さまざまデザインのものが市販されていますが、呼吸がしやすいレギュレーターと充分な浮力があるBCDを選ぶのがポイント。
予算的にはセットで約20万円程度をみておけば大丈夫です!
posted by スキューバダイビング at 08:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビングで必要になる器材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする