ミクロネシア

▼パラオ…ダイナミックな海の代表として不動の人気を誇るダイビングポイントです。「ブルーコーナー」では、アジ、バラクーダ、ナポレオンなど次々とやってきてドラマティックな海中シーンが。他にブルーのコントラストが幻想的な「ブルーホール」、マンタとの遭遇率が高い「ジャーマンチャネル」などバリエーションに富むポイントが約400も。

▼サイパン・グアム…週末を利用して行ける手軽さは海外スポットのトップ!ビギナーでも潜りやすいポイントの充実度、日本人ガイドの多さなどが人気の理由です。

▼ヤップ…グアムから空路1時間20分という近さのわりに、昔ながらの伝統文化を残す秘境ムードにあふれる島。ダイバーの間ではマンタに遭えるスポットとして人気です。

▼トラック…世界最大のラグーン(環湖)をもつトラックでの潜り方は2パターン!世界的に有名な沈潜ダイブと、環礁の内側や切れ目を潜るリーフダイブ。

▼ポナペ…ポナペは島のまわりをバリアリーフ(環礁)にグルリと囲まれている。そのため環礁の切れ目を潜る「パスダイブ」がメイン。世界でも珍しい背中も腹部も真っ黒な、通称[ブラックマンタ」がやってくる!

▼ロタ…グアムとサイパンの中間に位置する小さな島。海中のすこぶる透明度が良いことで有名。ビギナーレベルでもリラックスして潜れるポイントが多数ある。
posted by スキューバダイビング at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のダイビングポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3678567

この記事へのトラックバック