表示料金にダマされない!

できるだけスクール費用は安くしたい!それは誰もが同じ思いのはずですね。しかし!スクール選びの際は表示金額にダマされないようにしましょう。

一般的にCカードを取得するまでには次の費用が必要になります。

・指導料…いわゆる授業料と同じ意味のもの
・教材テキスト代…マニュアルやDVDの費用
・Cカード申請料…指導団体に支払う手数料
・タンクレンタル代…講習中に使用するスクーバタンクのレンタル代
・器材レンタル代…講習中に使用するダイビング器材のレンタル代
・施設使用料…プールや更衣室などを使用する場合に必要

他にも旅行費用(宿泊代や交通費)や食事代などが必要になると思います。ところが多くのダイビングショップの表示料金には「指導料」しか含まれていない場合があるのです。

例えば、Aさんが「オープンウォーターコース¥10,000」と表示しているダイビングショップでコースを受講したところ、この¥10,000という料金の他にテキスト代、申請料、宿泊代…など、もろもろの費用が加算されて、最終的には10倍の金額になってしまった!ということも実際に起きています。
なかには数十万円もするダイビング器材を購入した人だけが講習費用¥10,000になる、といった詐欺まがいの集客をしているショップもあります!

スクール選びでは表示料金には何が含まれていて、何が含まれていないのか?または器材の購入義務があるのか、ないのか?など事前にしっかりとチェックをして信頼のできるダイビングスクールを選ぶことがポイントなのです。
posted by スキューバダイビング at 09:45 | ダイビングスクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする