南の島でダイビングスクール

海外や沖縄など南の島でダイビングスクールを受講する方法もあります!旅行を兼ねてCカードを取得できる一石二鳥の取得プランです。

ほとんどの場合、旅行代理店で申し込みが可能です。スクールは旅行代理店と契約している現地ダイビングショップが担当します。

ただし旅行スケジュールには注意が必要です。
オープンウォーターコースは最低でも自宅学習を除いて3日間以上必要なので、旅行日程は最低でも3泊4日以上のプランを立てる必要があります。
また旅行期間中に海況が悪化したり、体調を崩してしまったりすると、講習が終了できない場合もあります。余裕をもった旅行プランをたてることが大切です。

また都市型ショップと現地型ショップが業務提携をしている場合も多く、こうした場合はトランスファープラン(生徒委託プラン)を利用することが可能です。
これは学科講習やプール講習だけを近くのダイビングショップで受講して、残りの海洋実習だけを旅行先のダイビングショップで受講する方法です。
旅行前にじっくりダイビングの基礎知識をマスターしたい場合や、旅行日程が余裕がない場合などオススメのプランです。
トランスファープランでは旅行とスクールの手配が別々になるので、まずは近くのダイビングショップに相談してみるのが良いでしょう!
posted by スキューバダイビング at 09:05 | ダイビングスクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする