スキューバダイビング指導団体

Cカードを発行してる民間のスキューバダイビング指導団体はひとつではありません。日本国内だけでも40以上もの団体があります。

指導団体が発行しているCカードも、世界中のダイビングリゾートで利用できる国際的なCカードから、ある特定のスポーツクラブ内でのみ使用できるCカードまで様々。
また指導団体は、それぞれ異なるポリシーを持ってダイバーの教育をすすめているので、なかには体育会系の指導団体から、身障者を対象とした指導団体まで、これも様々です。

それでは、どこの指導団体のCカードを取得すればいいのでしょうか?ひとつの目安としては、WRSTCの国際指導基準を採用しているダイビング指導団体を選ぶことです。

ちょっと難しい話ですが、WRSTCとは国際的にCカード発行枚数の多い上位数社のダイビング指導団体が協力して定めたダイバーの教育指導基準で、WRSTC基準に準ずる指導団体であれば講習内容に統一性があり、国際的にも通用するCカードということになるのです。

日本ではCカード協議会という協会に所属している指導団体がWRSTC基準に準じた講習を開催してることになります。
日本ではPADI(パディ)、NAUI(ナウイ)、SSI(エスエスアイ)、NASDS(エヌエーエスディーエス)が該当します。
実際のところ、この4社だけで国内のCカード発行数のほとんどを占めているのです!
posted by スキューバダイビング at 00:00 | スキューバダイビングのライセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする